スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

         
  • 2017.10.26 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

高原の夏 in 霧ヶ峰キャンプ場 1日目

7月23〜25日のキャンプ、1日目のお話。

夫の仕事の都合や天気予報を見てると
ここで行かないといつになるやら・・・ってなことで
よしっ、行こう!行けるときに行っちゃえ!と
急遽、キャンプに行くことになりました。

場所は息子 恐竜くんが1歳2ヶ月頃に行った霧ケ峰
まだよちよちやった頃。懐かしい。
恐竜くんはもちろん覚えてないし、娘 カエル姫はまだ生まれてない。
気軽に行ける気持ちいいとこやったし、久しぶりに行ってみよーと相成りました。

前日にバタバタと買い物や準備をし
当日は私が子どもたちのラジオ体操の当番だったので
それが終わってから出発〜。
なんという慌しさ・・・アハハ


道は夏休みにもかかわらず
金曜日なのもあってか空いてるくらい。
中央道の伊北IC辺りから
路面の工事や草刈で車線規制してて、所々渋滞。
渋滞も過ぎて、もうちょっとのところで
娘 カエル姫が車に酔っちゃった。
諏訪湖SAで休憩。


諏訪湖一望。
思いもかけず、いい景色〜。
諏訪湖も湖だよ〜と言うても
でっかい琵琶湖を見慣れてるせいか
子どもたちの反応はうすぅ。
それよりも霧の出る扇風機?みたいなんの前で
大はしゃぎ。
確かに涼しくて、気持ちいい〜。

諏訪ICで降り、
まずは諏訪湖間欠泉センターへ。
行くと噴出まで10分ほど。
なかなかよいタイミングであった。
諏訪湖のほとりでしばし待つ。

看板を見ると夕方5時頃最終とある。
最終ってどういうことやろ?
夜は噴出せーへんのかな?
夫が「誰かスイッチでも
押してるんちゃう?」なんて
冗談で言うてたのに説明版によると
ほんまな感じやった・・・

噴出時間になると噴出口から蒸気がモワモワ〜。
記事の続きはこちら♪
         

安曇野の夏 in 須砂渡憩いの森オートキャンプ場 3日目

8月21〜23日のキャンプ、3日目のお話。

朝ですよー。
起きてね〜。
子どもたちの寝相の悪いことったら・・・
右往左往、縦横無尽。

ゆっくりと朝ご飯を食べて、テントの撤収。
夜露に濡れず助かったぁ。後片付けが俄然楽になる。
荷物を載せて、キャンプ場を出発〜。

そのまま帰るのもなんやし、
キャンプ場からすぐのとこに烏川渓谷緑地と言うのがあって
遊歩道や水辺が整備されてるらしく、朝の散歩に〜♪

駐車場まで行くと、まだ朝だというのに車がいっぱい。
水遊び?散策?なんでやろ?
川まで行ってすぐにわかりました。
釣り人です。
おそらくめっちゃ冷たいであろう川に浸かって
たくさんの人が黙々と釣りしてました。
岩魚とか釣れるんかなぁ。

美しい川の流れです。

川の流れる音を聴きながら、緑溢れる遊歩道を歩きます。
         

安曇野の夏 in 須砂渡憩いの森オートキャンプ場 2日目

8月21〜23日のキャンプ、2日目のお話。

夜中、パラパラパラッとテントを叩きつける雨の音で目が覚めた。
夜中、息子 恐竜くんにシュラフを取られ、寒くて目が覚めた。
夜中、娘 カエル姫にケリを入れられて目が覚めた。
・・・と、何度となく目が覚めたよぉ。いたしかたないですが。


外が明るくなって、目が覚めると
願いもむなしく、雨降りの朝。

キャンプ場内の道を何やら動くものが。
めっちゃちっこいカエル。
で、ちょっとちっこいカエル。
ヒキガエルかな。
雨ならですな〜。
そんな雨も朝ご飯食べたりしてるうちに
やんできた。空も明るくなってきた♪

安曇野から大町に向かって国道147号を北上。
県道45号の大町アルペンラインを走り扇沢へ。
森の中の気持ちいい道。
青空になってきたし、
北アルプスの山々が見えてテンションが ↑ ↑ ↑

扇沢駅に到着。
車と観光バスですでにいっぱい。
有料駐車場1日千円に停めると売店とかの割引券くれました〜。
ここから黒部ダムまで
関電トロリーバスに乗ります。
往復で大人2500円。
団体さんも多くてバスは満員で出発。
15分ほどですが、ずーっとトンネル。
でもこのトンネル建設のプロジェクトが
かの有名なお話です。
頭の中で中島みゆきの歌が流れる〜。
黒部ダム駅に到着して待っているのが階段!
この階段を昇ると・・・



黒部ダム!!

スゴ〜イ!!
でっかいな〜。
黒部湖の水は
青いようで
翠のようで綺麗。
放水は大迫力。

         

安曇野の夏 in 須砂渡憩いの森オートキャンプ場 1日目

夏のキャンプは涼しいとこでしたいな〜。
やっぱり信州?信州はどこ行く?
そうや!黒部ダムを一度見てみたいかもってことで
8月21〜23日、二泊三日で行ってきました♪

前日のうちに車に荷物を詰め込んで、朝起きてサササッと準備。
6時半頃、出発〜!
名神の一宮、小牧辺りが少々混雑してたけど、順調順調。
恵那峡SAで休憩して、10時過ぎに豊科IC。
思ってたよりめっちゃ早く着いた♪

まずは小腹も空いたしー、何か食べましょ。
と、豊科ICすぐ側のおやき専門店 あづみ堂へ。
ここに来るのん久しぶり〜。9年ぶり?
スキーや登山でこの辺りに来たときにはよく寄ってました。

お店の真ん中にある囲炉裏で
買ったおやきを焼いて食べれま〜す。
夫は野沢菜、私はきんぴらごぼう、
息子 恐竜くんはこしあん、娘 カエル姫はかぼちゃ。
炭火で焼くと香ばしくておいしい♪
お茶は無料でいただけマス。

キャンプ場に入れるまでに時間もあることやし
ここはやっぱり大王わさび農場に行っとこか〜。

この水車のこの風景が有名よね〜。
私の写真がちぃと悪いけど・・・
黒澤明監督の映画『夢』のロケ地。
きれいな水の流れにのって
ゆっくりと水車が回ってます。

おっ!ボートに乗れるみたい。
昔は(やはり9年前・・・)なかったなぁ。
おもしろそうやし、乗ってみよ♪

蓼川から水車小屋を眺める15分のコース。
小学生以上900円なり〜。
ライフジャケットを着込んで
ボートに乗り込み、オールを渡されます。
川を上るときは全員で漕いで
下るときは漕ぐのを休んで
ボートから水に足をつけれま〜す。
子どもたちの足。冷たくて、気持ちいい〜♪

一面に広がるわさび田の中を
きれいな水が流れてます。涼やか〜。
わさび田の水に触れられる場所があって
子どもたちはまたまた足をつけて
「冷たい〜〜〜っ!」と大はしゃぎ。

わさびの上を
モンシロチョウがいっぱい飛んでました。
キャベツ畑のイメージやってんけど
わさびも好きなんや〜。


大王わさび農場からは、北アルプスの山々を望めるはずなんやけど
曇ってて見れなかった・・・残念。

そうそう!ここに来たら、わさびづくしを味あわねば!
         

ひさびさキャンプ♪ in 高山キャンプ場

キャンプだからって特に何かあるわけでもないのですが
ことあるごとに「キャンプに行こうよーぉ。」と言う子どもたちの声に応えて
久々にキャンプしてきました〜♪

土曜日の朝、まずは副鼻腔炎を治療中の息子 恐竜くんを耳鼻科へ。
通ってる耳鼻科はとてつもなく混雑するので
少しでも早く診察が受けれるようにと、
朝一に夫が順番を取りに病院へ向かい、無事に一番をget!
これで早く終わる〜っ!
私が恐竜くんを連れて、診察を受けてる間、家では夫と娘 カエル姫が荷物の積み込み。

病院から戻って、キャンプの準備も整い、いざ出発〜♪
途中でお昼ご飯にうどん食べて、スーパーで買出し。
姉川に続く草野川を北上し、
西俣谷川と東俣谷川に分かれるとこにある高山キャンプ場に向かいます。

前に夫とカエル姫の二人で来たキャンプ場で
そのときはフリーサイトだったらしいのですが
今回はゆったりできるオートサイトで。
緑に囲まれ、川の流れる音がして気持ちいい♪
子どもたちもテント設営のお手伝い。




設営も終わり、一休み。
恐竜くんが拾ってきたクルミを炒って食べてみる。

バンガローは賑やかだけど
キャンプサイトは
絶好のキャンプにいい季節にもかかわらず誰もいない・・・
もしかして貸切!?結局、誰も来ず、ほんまに貸切でした。

時間もたっぷりあるし、川で遊ぶことに。
         

夏休み前の夏休み? in 西山高原キャンプ場

子どもたちに「キャンプは?キャンプ行こうよぉ!」
春からずーっと言われ続けておりました。
行きたいのはやまやまやったんやけども、
今年は自治会の役員の仕事もあるし、天気や子どもの体調、
その他の用事などなどとタイミングが合わず、いつの間にやら夏になってしもーた。
夏休みもなんやかんやとすでに予定も入り、
このままでは今年はキャンプに行かずに終わってしまう・・・?

それではいけな〜いっ!!キャンプに行くぞっ!!
ってことで、1泊2日で行くにはちょいと遠いけど
2年前の夏に行ってから、子どもたちがもう一度行きたい!と言うてる
西山高原キャンプ場に週末、行ってきました〜♪

朝、7時前に出発〜。
名神から山陽道、岡山自動車道を走り、賀陽ICで降りて
寄り道で高梁の町を散策することに。
備中松山城も気になるとこやけど、あまりにも山の上で今回は断念。

武家屋敷の並ぶ石火矢町ふるさと村へ。
映画寅さんの撮影もあったとか。
雰囲気のある通りです。
子どもたちは町並みよりも、
側溝の中が気になるようすで覗いてマス。






見学のできる武家屋敷にお邪魔しま〜す。
覗けるとこがあると気になるんねー。
とりあえず、井戸を覗いてみる二人。

武家屋敷を楽しんだあとは、お昼ご飯!と
町の中心かと思われるとこ目指して歩くも、目ぼしい店はなかなか見つからず・・・
お腹が空いただの、暑いだのとやかましい子どもたち。確かにそーやけどぉ。
とりあえず、通りすがりのお店に入ることに。
おいしかったんやけどぉ、おいしかったんけども家族全員の分が出てくるのが遅かった・・・
ほんまに遅かった・・・たまらなく遅かった・・・

満腹になって、子どもたちも元気を取り戻し、気を取り直して頼久寺へ。
         

夏の立山とキャンプ in グリーンパーク吉峰 3日目

8月9日〜11日に行ってきたキャンプのお話、その3…

この日も朝からヒグラシ、アブラゼミと続く大合唱で起床。
家に帰るだけなのでの〜んびり朝ご飯。
デザートにフルーチェなんて作ってみたり。

のんびりしていても、本格的に暑くなる前に撤収せねば!
暑い中の片付けはしんどいもん。
恐竜くんが「もっとキャンプしてたいな〜。」
ハイハイ、また今度ねー。今は片付け、手伝ってくださいな。
み〜んな汗だくになって撤収終了。
忘れ物ないかな?さぁ、おうち向けて出発〜。

このまま北陸道に乗ると、ほんまに家に帰るだけになるからちょっと寂しい。
おみやげ買いがてら、どこか道の駅でもないかいな?
…と地図を見る8号線沿いにみーっけ!
渋滞するかと思ったけど、交通量は多いものの滋賀県内の8号線と違って快適〜。
道の駅 カモンパーク新湊に到着〜。

小腹が空いたし、何か食べる?
白エビのかき揚げ丼が有名らしいけど、
まだレストランやってないし。
みると白エビバーガーなるものが!
これはやっぱりいっとかないと。
1こ¥250なり。
パンの間に白エビのかき揚げがはさんであります。
エビよりちょっとタルタルソースの味が勝ってるかも。
でもエビがプリプリしてて、なかなかおいしいです。
小腹も満たして、小杉ICから北陸道に乗ることに。
で、そのまますんなり帰るかといえば、そうは問屋が卸さない!?

         

夏の立山とキャンプ in グリーンパーク吉峰 2日目

8月9〜11日にキャンプに行ってきたお話、その2…

空が白み出した頃からヒグラシのカナカナカナ〜〜〜の大合唱で目が覚める。
起きるにはまだちと早い。もう少し寝とこっと目をつぶったものの
日が昇るとともにアブラゼミの大合唱
寝ていられず、思わず家族全員起床。

朝ご飯をパンで簡単に済ませ、チャッチャと身支度を整えて、キャンプ場を出発。
キャンプ場からケーブルカーの立山駅まで車で30分ほど。
立山駅に着くと駅前駐車場はすでにいっぱい。ゲッ!うそ〜ぉ。朝早いのにな〜。
駅からちょっと離れた川沿いに駐車場があるということで
子どもたちと私は駅前で降ろしてもらい、夫が停めに行くことに。駐車料は無料。

富山県側から室堂まではケーブルカーと高原バスを乗り継いで行きま〜す。
立山黒部アルペンルートっちゅうやつです。
…が、今回は室堂往復なので、立山アルペンルートってとこかな〜。

ケーブルカーは標高475mの立山駅から
標高977mの美女平駅まで7分。
斜めの車両に子どもたちは不思議顔。
美女平駅から高原バスに乗り換えて
標高2450mの室堂まで1時間弱。
最初、バスは森の中を走ります。
ブナやダケカンバ、幹周りが10mもあるという杉のある森。

バスが標高を上げていくとともに木々が低くなり
そのうち木らしいものはハイマツだけになり
森林限界を越える。
弥陀ヶ原の中をくねくねと続く道。
眼下には富山平野、富山湾まで見える。いい眺め〜。

バスが室堂に到着。さすがに涼しい〜。
子どもたちの高山病を心配したけど大丈夫そう。よかった〜。

バスを降り、わくわくしながら階段を昇る。
ここにくるのは8年ぶりくらい。
さぁ、山だ山だ!立山だ〜と意気込み、張り切ってるとこで
「おかあさん、あれかわいい!なに?」とカエル姫。
         

夏の立山とキャンプ in グリーンパーク吉峰 1日目

8月9〜11日にキャンプに行ってきたお話、その1…

この夏から夫の休みがお盆でなくなり、好きなときに休みを取りなさいとのこと…
でも、それって意外とタイミングが難しかったりするんよねー。
とか言いながら、うまいこと夏休みが取れたのでキャンプにGO!!

久しぶりにアルプスの山々を見たいっ!
あのでっかい山を子どもたちに見せたいっ!
夏でも雪が残る山並み、咲き誇る高山植物、澄んだ空気、青い空、涼やかな風。
子どもたちでも気軽に行けるアルプスってことで、富山県は立山!!

荷物を車に満載して、出発〜。
名神から北陸道に入り、北へ。高速道路の運転は私の担当。

南条SAで休憩。焼き立てパンで小腹を満たし、
左手に日本海を見ながら、北陸道を更に北へ北へ。
北陸道から立山の山並みが見えると
テンションも上がる〜ぅ。
流杉PAで夫と運転を交代。立山ICで降ります。
私、山道の車の運転は苦手。
バイクでは好きやけど…エヘッ

キャンプ場に入る前に落差日本一の称名滝を見よう!
         

福井、池田町散策♪ & 志津原キャンプ場 2日目

天気予報では夜遅くから雨・・・と言ってたので、覚悟してた雨も
夜中にパラパラッときたくらいで、思いのほか降らず。
よかった〜。雨の中の撤収も雨で濡れたのを片付けるの大変やもん。

キャンプの朝は早いデス。6時前に起き出す子どもたち。
ヒヨドリをはじめとする鳥たちが日が昇るとともに賑やかに鳴いてたからね〜。
キツツキがコココココン!ってする音も聞こえました。
朝ご飯をのんびり食べてから撤収にかかりま〜す。

車に荷物を積み込み、キャンプ場を出発。
・・・と言っても、近くのかずら橋に行くのですぐに到着〜。
 足羽川(あすわがわ)にかかる全長44m、高さ12m、
 シラクチカズラでできた吊り橋です。
 かずらの下地はワイヤーで
 しっかり作られたものなのですが
 やっぱり揺れる〜ぅ。

 なんと言っても怖いのが足元の板の隙間・・・
 下を流れる川がとってもよく見えマス。
 結構なスリルでございますわよぉ。
 膝の裏がめちゃこちょばい。

 橋を往復することにしたのですが
 カエル姫、怖がってしまって、
 復路はお父さんに抱っこしてもらってました。
 恐竜くんが一人で先々渡って行くので
 「さすがやね〜。スゴイやん。」と誉めると
 「なんか、めっちゃ汗かいたわー。」やって。
 それを冷や汗と言うんだよ・・・。
記事の続きはこちら♪
         

わたしは・・・

かれんだー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

最近の話

かてごりー

むかしの話

コメントありがと♪

このブログ内、探しま〜す

          

links

PR

          

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM