スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

         
  • 2017.10.26 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

新入り その3

小学1年生向けの科学雑誌に「おばけえび飼育セット」なるものが付いてきた。

おばけえびなんて言うと仰々しいけど、
アルテミア・サリーナ、別名ブラインシュリンプという
塩田や塩湖にすむ甲殻類で、いわゆるプランクトン。
田んぼにるホウネンエビと同じ仲間。

飼育セットは飼育ケース、タマゴ、エサ、海の水の素。
粉のようなタマゴはアメリカのグレートソルトレイク出身。
タマゴは乾燥したまま10年くらい生きていられて
−20℃〜100℃まで耐えられるそうな。ビックリ!!

飼育ケースに海の水の素で海水を作り、
一日置いてからタマゴを投入。
このケース、LEDライトなんか付いたりしちゃって
暗いとこで見るとなかなかキレイ〜♪

おばけえびは一日ほどで孵化。はやっ!
めっちゃめちゃちっこいのんがたくさん泳いでマス。
ほんまにちょぴっとしかタマゴ入れてへんのに
何匹いるかわからへんほどたくさんおる〜ぅ。

20日ほどで体長1cmくらいの大人になるらしい。
大人になってしばらくすると、タマゴを産むらしい。
で、タマゴはまた孵化して、それが大人になって、その大人がタマゴを産んで・・・

これって、いつまで続くん?

JUGEMテーマ:ペット
         

新入り その2

ここのところ、生き物のお話が続いてますが・・・

娘 カエル姫が幼稚園でザリガニ釣りをしてきました。
幼稚園の毎年の恒例行事です。
年中さんと年長さんが日を変えて近くの用水路に行くのですが
ほぼ全員がザリガニを1匹はgetして帰ってくるんですな〜。
上手な子は何匹も釣るらしい。
そんなにたくさんザリガニがいることにも驚くけど。

で、その釣ったザリガニは全員、お持ち帰りとなるわけデス。
カエル姫もその例にもれず、小さなザリガニさんを1匹、お持ち帰り。
家の水槽にはすでに脱走常習犯の大ザリガニがいらっしゃいます。
そこにチビサリガニを入れたら・・・

ハイ、それはもう血も涙も親兄弟もないザリガニですから
無残極まりないことになるのは目に見えてるわけでして・・・
現に、先日、恐竜くんが近所の溝で捕まえてきたチビサリガニを
隠れる場所もあるから大丈夫ちゃう?ってことで
大ザリガニのいる水槽にとりあえず入れたところ
数時間後には変わり果てた姿になっておりました・・・

そんなこと、カエル姫は許しません。
あり合わせのものでチビザリガニさんのお家を
ご用意させていただきました〜。
カエル姫もこれで納得。


カエル姫〜、
お世話するものが
増えたけど
頑張ってね〜!


JUGEMテーマ:ペット
         

新入り

日曜日は町内清掃で、集会所とその周りを大掃除。
集会所の外回りの草刈り、木の枝打ち、溝掃除をしてると
虫やらなんやらかんやら出てくる出てくる〜。

で、そこで見つけたのがカタツムリさん。
なかなか立派なカタツムリさんだったので、子どもたちに見せようと持って帰ると・・・

喜んだのは言うまでもないですが
娘 カエル姫が「飼う飼う飼う〜ぅ。カタツムリ、飼うのーぉ!!」と言い出した。
まっ、そう言うであろうことは予測はしてたけども
あーだこーだと説明して、お外に逃がしてあげようね〜。と
終わらせるつもりでございました。

が、しか〜し、カエル姫の決心は固く、
絶対に世話をすると言う。
   ↑ 毎度おなじみの常套句だわね・・・
しかも以前飼ってたときのように
卵を産むようにして、
赤ちゃんも育てるとまで言うてる・・・

で、結局、カエル姫の
決意に負けて、
ほんとに自分でちゃんと世話することを約束し
カタツムリさん2匹、
我が家に仲間入りすることになったのでありました〜。



JUGEMテーマ:ペット
         

常習犯

朝起きて、なにげに水槽を見てみるとザリガニがいない・・・
あーーーぁ、またやわ。脱走デス

子どもたちが幼稚園に行くようになってからというもの
我が家にはほぼいつもザリガニがいます。

ちなみにこのザリガニさんは
去年の今頃、息子 恐竜くんが
園のザリガニ釣りでgetしてきたザリガニさん。
いつもは塩ビパイプの中にいらっしゃいマス。

今までもザリガニであんなこと
こんなことがございました。

先日、見事な脱皮をしてでっかくなったザリガニさん。
それでパワーもアップしたのか、ここのところよく脱走するんよねぇ。

ザリガニさんの脱走経歴。
         

頑張ったカブトムシ

幼虫でいただいたカブトムシくんのうち2匹がオスの成虫となり
この夏、我が家を賑わしておりました。

1匹は羽化後、1週間ほどだったかで、お空のお星さまとなってしまいました。
残された1匹は大きな飼育ケースで寂しいながらも気楽に(?)過ごし
蝉の声もいつのまにやら消え、秋の虫たちの合唱が響く頃になっても
エサもいっぱい食べて、元気に頑張っておりました。

昨夜のこと。
恐竜くんがいつものようにカブトムシくんのエサを交換しようとしたところ
「お母さん!カブトムシ、動かへん。死んじゃったん?なんで?」
見てみると、ピクとも動きません。
子どもたちにもう寿命であることを説明し、
こんな時期まで1匹でよく頑張ったよ〜。
めっちゃおじいさんになるまで生きたんやで。
と、なぐさめたものの、寂しそうな恐竜くん・・・
いっぱい楽しませてくれたカブトムシくんに
ありがとうを言って、お別れしよう。
         

いないあいだに・・・

8月9〜11日、我が家はキャンプに行っておりました。
そのときのお話はまた後日…

昨日の夕方に帰宅し、リビングに入ると何やら臭い。
いや〜なにおいがする。生臭い。なんだろ?

あっ!えーーーーっ!うそっ!なんで?

金魚さん、ドジョウさん、皆さんお亡くなりになってる。
あ〜ぁ、信じられない。
楽しいキャンプから帰ってきたのに、気分が沈む…
少し前にちょっと病気になって、薬浴させて治ったかと思ってたのに。
留守の間に一気に病状が悪化したみたい…

金魚さん、ドジョウさん、ごめんなさい。こんなことになってしまって。
キャンプの片付けもそこそこに、夫と子どもたちで庭にお墓を作ってあげました。

カブトムシのケースを見ると、おやっ!
土の表面に抜け殻のようなものが落ちてる。
もしかして成虫になってる?
土の中を探ってみると…いました、いました!
オスのカブトムシが2匹。
残念ながら1匹はサナギのまま
息絶えてしまったようです。

家をしばらく留守にしてる間のできごとでした。
         

来たよ来たよ、来ちゃったよ〜ぉ

今年はもう出会うこともないと思ってたのに・・・
会えないのはちょっぴり寂しいかなって思ったけど
それはそれで仕方がないなって。
いつかきっとまた会えるだろうし、あせったり、頑張ったりしなくてもいいやって。


そしたらそしたら・・・



                ・・・向こうからやって来た!








カブトムシの幼虫さん
いらっしゃいませ〜♪
夫が職場の方からいただいてきました。
今年はお世話しなくて済むわ〜って思ってたのに
やって来ちゃいました。
子どもたちはもちろん大喜びデス。

何匹いるのかわからないそうな・・・
かなりデカイらしい・・・

子どもたちよ〜、しっかりお世話してください!

         

孵化ならず・・・

先日、我が家の金魚さんが産卵した卵ですが
残念ながら孵化にはいたりませんでした。
受精していなかったのか
管理が悪かったのかはわかりません。

産卵したばかりの卵は透明だったのですが
日が経つにつれて白く濁り、
最後はふやけたようにもよもよしてしまいました。

当の親金魚さんはそんなこと気にしてないよってな感じデス・・・
自分で自分の卵を食べちゃうくらいですからね。

春になって、また産卵することがあったら
今度はちゃんと孵化させたいなと思います。
         

ギョギョッ!キンギョさん、産卵?

 金魚さんたちの水槽の水を
 キレイにしましょと思い、水を換えてると
 作り物の水草にやたら金魚たちが群がっている。
 偽物の水草はいくらなんでも、食べれないでしょー。
 と、突っ込みを入れつつ、せっせっと水換え。
 (本物の水草は金魚さんたちが食べちゃうのデス。)
 はて?まてよぉ、もしかして、もしかしたら・・・

最近、やたらと金魚さんたちが追いかけっこしてるとは思ってました。
そうなんです!
水草をよ〜く見ると、小さな透明のプツプツがっ!!なんと・・・
産卵したのです〜〜〜ぅ!
ザリガニ、カタツムリに続いて、我が家の産卵、第三弾!! 

卵をそのままにしておくと、
金魚さんは自分が産んだ卵にもかかわらず食べてしまうらしいので
とりあえず、納戸にあった小さな水槽を引っ張り出してきて、卵を水草ごと移動。
さすがに卵の写真は小さすぎて撮れませんでした。

この、右の写真の金魚がおそらくお母さんかと・・・
金魚すくいでGETした金魚さんなのですが
3年目にして、体長20cmを超えておりまする〜ぅ。
でっかい!初めて見る人は大抵、びっくりします。

金魚の産卵時期は春なので
それ以外の季節は産卵しても
孵化しないことが多いようです。
どうなるかわかりませんが、しばらく、このまま様子を見てみようと思います。
また何か変化があったら、ご報告いたします!
         

かたつむりさん、大きくなりました。

 我が家で卵から育てたかたつむりさんたち
 生まれてすぐはゴマ粒みたいだったのに
 豆粒くらいになりました♪
 ほったらかし〜って感じなのですが
 スクスクと立派な(?)かたつむりに成長しました。

 一時は100匹以上の
 かたつむりさんたちが
 いましたが
幼稚園や児童館に里子に出し
ある程度成長してから、何十匹かを庭に放し
現在、20匹ほどがいます。
1円玉と比べるとまだまだ小さいですが
ずいぶんと大きくなったものです。しみじみ〜。

         

わたしは・・・

かれんだー

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

最近の話

かてごりー

むかしの話

コメントありがと♪

このブログ内、探しま〜す

          

links

PR

          

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM