スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

         
  • 2017.10.26 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

夏を迎えられなかったカブトムシ

卵から世話をしてきたカブトムシ・・・

7月の終わりくらいに羽化するかと待ってたけどならなかった。
梅雨寒のせいかな?なんて思ったり。

妹のところにあげたカブトムシが羽化したと聞いた。
4匹全部メスだと残念がってた。

8月の初め、実家に帰省してる間にでも・・・と思ったけどならなかった。
のんびり屋のカブトムシなのかも?と子どもたちと話してた。

サナギになるときに作る部屋は飼育ケースの外から見ても
どの辺にあるのかわかるけど、その部屋の中の様子までわからない。
でもでも、いくらなんでも遅すぎる。
意を決して、そーっと掘ってみることにした。

夫が土を掘り起こすのを私と子どもたちで見つめる。
「あっ・・・」
コロンと出てきたのは変わり果てた姿のカブトムシのオスのサナギ。
サナギにまでなったのに、もうちょっとだったのに。
サナギになれずに命果てた幼虫もいた。

4匹のカブトムシたちは1匹として成虫になれなかった。
成虫にしてやれなかった。
世話が悪かったのかな・・・
何か病気だったのかな・・・
ごめんなさい。
         

へい、いらっしゃい!飛び入り、大歓迎だよ〜

昨夜、11時過ぎのこと・・・
夫と2人テレビを見ながらしゃべっていると、突然「バシッ!!」という大きな音が。
窓ガラスにかなり大きなものがぶつかり、ベランダに墜落するのが目の端に映りました。

「なになに?」と夫とベランダをのぞくと
なんと、でっかいオスのカブトムシがいるではありませんかっ!
私は急いでカブトムシを入れられそうなものを探し
夫はすかさずカブトムシを捕獲!
夫婦の見事な?連係プレーでカブトムシ、Getです!!

 カブトムシを捕まえて、夫と2人、
 思わず子どものようにはしゃいでしまいました。

 我が家は住宅地の端っこで、周りは田んぼと畑で
 カブトムシがいるような林が近くにありません。
 どこから飛んできたのかな〜。

朝、起きてきた子どもたちはカブトムシを見て大喜び。
って、すでにカブトムシはいるんですけど・・・
まだ、サナギだけど・・・
(なかなか羽化しないので、どうなってるのかちょっと心配なサナギです)

とりあえず入れた入れ物では小さ過ぎるし
サナギのいるケースに成虫を入れるのも都合が悪いし
早速、ホームセンターに飼育ケースを買いに行きました。
いったい、いくつ目の飼育ケースなんだ・・・

ケースに土を入れ、エサも置いて、カブトムシくんの新居が完成。
飛び入りのカブトムシくん、今日から我が家の仲間入りです
         

さようなら、お魚さん・・・

朝、いつも通り皆が朝ご飯を終わらせ、
それぞれ自分のすることにとりかかっておりました。
私は洗濯機をまわして、リビングに戻ってくると子どもたちが大騒ぎ。
夫もバタバタしています。

「用水路のお魚(近所の用水路で釣ってきた魚です)が死んでるねん。」と息子 恐竜くん。
もう寿命だったのかな・・・

生き物の多い我が家では、弱肉強食で負けたもの、
病気になったもの、おそらく寿命をまっとうしたものなど
生き物の死に直面することは特別珍しいことではありません。
それにしても、やたら大騒ぎしています。

「そこで死んでるねん。」と恐竜くんが指差す方を見ると
水槽からかなり離れた窓際に魚が横たわり、息絶えています。
なんで?なんで?なんで?

推測するに、皆が寝てる夜の間に水槽から飛び出し、
(フタはしてたのですが、設置している濾過機の関係で隙間がありました)
2メートルほどの距離をピチピチと跳ねながら移動し、
そこで力尽きたようです。
オイカワ(メス)という魚だったのですが
かわいそうな最後を迎えさせてしまいました。
ごめんなさい。
         

ザ、ザリガニさんが・・・

朝、いつものように起きて、いつものようにお弁当と朝ご飯の用意のため
台所をパタパタとしていると・・・   「ベシャッ!」 
あれ?何を踏んだんだろう?と足の下を見たものの
一瞬、状況がつかめない。 ん?あっ・・・!
「キャ〜〜〜〜〜ッ!!」
よくよく見てみるとザリガニを踏んづけたのではありませんか!

夜の間に水槽から脱走し、どこをどう歩いてきたのか
台所にたどりついたよう。
昨年もザリガニ脱走事件がたびたびあったので
(水槽に入れているブクブクの管を伝って出るみたいです)
ザリガニが脱走するかもしれないとは思っていました。
でも、まだ小さいから大丈夫と高をくくっていたのが間違えでした。

ザリガニさんはぺっちゃんこ。
あぁ、子どもたちになんて言おう・・・適当にごまかそうかな。
いや、正直に話そう・・・!

起きてきた息子 恐竜くんに
「かくかくしかじかでお母さんがザリガニを踏んでしまって
死んじゃったの。ごめんなさい。」
すると恐竜くんはしばらく考えて
「ザリガニが台所まで歩いて行ったのが悪いねん。
あわてもののザリガニやったんやわ。」
って。

ザリガニを踏んだ私を責めるだろうなと思ってたのに
思わぬ恐竜くんの優しい言葉に感激してしまいました。
ほんとにごめんなさい。ザリガニさん。
ほんとにごめんなさい。恐竜くん。


         

かたつむりの赤ちゃんだ〜!

「おかあ〜さん、めっちゃちっちゃいかたつむりがいるよ〜」と娘 カエル姫。
どれどれ・・・と、かたつむりの飼育ケースを覗くと確かにめっちゃちっちゃいのがいます。
・・・って、どうして?

え〜〜ぇっ!!うそ〜〜ぉ?
うぉ〜〜〜っ!!
    ひぇ〜〜〜っ!!

なんということでしょう!
飼育ケースの中はめちゃめちゃちっちゃい
かたつむりだらけ。

 どうもいつの間にやら卵を産んで孵化しちゃった
 みたいです。
 つい昨日までは何事もなかったのに・・・
 びっくりです!!

 どれだけ小さいかというと・・・
 一円玉の上にかたつむりさんたちを
 乗せてみました。
 こんなにちっこいのに、ちゃんと目玉もヤリもあって
 殻も渦巻いてます。
 かわいいでしょ♪

その数、ケースの中をザッと見渡しても50匹以上。
かたつむりの赤ちゃんなんて珍しいかと思って幼稚園に持って行くことにしました。
我が家で育てるかたつむりさんたちもこの数では
今の飼育ケースは小さいので少し大きめのケースに引越しです。
ホームセンターで新しい飼育ケースを購入!

さぁ、引越しだ〜!
つぶさないようにそーっとそーっと。
砂も新しく入れ替えましょう。
なんと!!なんとその時!!
砂の中にはたくさんの 

これまた驚きです!!
ザザッと見ても50個以上は軽くありそう・・・

これってかたつむりさん、100匹以上ってこと!? ひえ〜っ!
ほどほどのサイズになったら逃がしてあげようね。
         

カエルさん、元気でね!

おたまじゃくしさん12匹のうち、まず2匹が無事、カエルになりました。

昨夜、見たときには、しっぽもずいぶんと短くなって
「もうカエルだね〜」なんて言ってたのが、朝になってみるとすっかりカエルでした。
       (下の写真は夜に見たときのカエルさん) 

 

 ちっこいちっこいアマガエルさんです。
 まさしく、カエルの子はカエル。
 ここまでカエルになったら飼うのは難しいので
 子どもたちとの約束通り、放しました。


おたまじゃくしからカエルになるまでの様子を
こんなにじっくりと観察したのは初めてで
自然の不思議に感動です。
来年もやっちゃおうかな!?

立派なカエルになるんだよ〜!!
 
         

しっぽのはえたカエル

 我が家のおたまじゃくしさん、カエルになりました。
 ついこの前までカエルっぽいおたまじゃくしだったのに
 カエルになってます。
 しっぽのはえたカエル・・・ 
 カエルになるとどこに行ってしまうかわからないので
 水槽の上に網をかけました。


水槽の壁に張り付いてます。
水の中にも潜りません。
もう肺呼吸してるんでしょうねー。
しっぽが少し短くなってきたかな?
だんだん、体に吸収されていくみたいです。
そろそろお別れです。
 
         

カエルへの道

 おたまじゃくしさん、後ろ足に続き、前足もはえました!

 前足がはえると、ググッとカエルらしくなってきたよ〜。
 背中もほんのりになってきました。
 体つきもおたまじゃくしとは少し違います。




水槽の壁に張りついたり、石の上に上がったりすることも・・・
カエルさんになるのも、まもなくですね。
でも、まだまだ顔はおたまじゃくしさんです。

  

         

ザリガニだぞ〜っ!

息子 恐竜くんが幼稚園で近所の用水路に出かけ、ザリガニ釣りをしてきました。
釣り上げたザリガニはてっきり幼稚園で飼うのかと思ったのに
みんな各自でお持ち帰りです・・・
恐竜くん、
2匹Get!

 我が家に3つある水槽は現在、フル稼働中のため
 ザリガニくんたちはとりあえず家にあった入れ物を仮住まいに。
 庭で拾った石で隠れ場所も作ってみました。
 

そう、あれは去年のこと・・・

恐竜くんが児童館の活動でザリガニ釣りに行き、大小8匹ほど釣ってきました。
恐竜くんがちゃんと世話をする(子どもの決まり文句ですな)と言うので
水槽を用意して飼うことにしました。
しか〜し!ザリガニの世界は厳しく、弱肉強食の結果、気が付けば3匹に。

そんなザリガニでしたが、秋頃だったでしょうか。
ふと見るとお腹に卵がいっぱい!
順調に次々と孵化し、水槽の中はちっちゃいザリガニたちで
たちまち溢れかえってしまいました。

しか〜し!やっぱりザリガニの世界は厳しく、親兄弟もありません。
日々繰り返される惨劇・・・次々と数が減っていくではありませんかっ!
あんまりなので捕まえた元の場所に皆、逃がしてやりました。
今年はどうなることでしょう・・・






           ザリガニくん 「なんだよーっ!!」 
         

おたまじゃくしさんの後ろ足

我が家のおたまじゃくしさんたちに
ぼちぼちと後ろ足がはえてきました。
ちっちゃ〜い足が
少〜しずつ大きくなってきて
だんだんカエルさんの後ろ足になってきたよー。
 
 足がはえてきたと言えども
 見た目はまだまだおたまじゃくし。
 最近は食欲旺盛になってきたような気がします。

 カエルさんになっていくときのために
 石などで、陸地も作りました。
 これで準備は万端!!
 
 前足はピョコッ!と飛び出してはえるらしいのですが
 その瞬間を見てみたいな〜。
 


         

わたしは・・・

かれんだー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

最近の話

かてごりー

むかしの話

コメントありがと♪

このブログ内、探しま〜す

          

links

PR

          

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM