スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

         
  • 2017.10.26 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

みなくち子どもの森でお散歩

朝、目が覚めて空を見たら思ったよりいい天気。
これなら外におでかけでも大丈夫そうってことになり、さて、どこ行こ?
前にお友達から聞いてて、楽しそうやったのでみなくち子どもの森へ行ってみましょ♪

GWだから、人が多いかも〜って思いながら行ったのですが
着いてみれば駐車場はかなり空いてる。
これは穴場かも!駐車場と森の散策は無料です。

まずは森の散策〜。
自然の森の中に遊歩道を整備してあるので
うるしなどの触ってはいけない植物もそのままです。
そんな植物を子どもたちに教えながらてくてくお散歩。
毛虫の群れも発見!近寄らないでね〜。

 みはらし休憩所でお昼ご飯。
 今日は急なおでかけだったので、コンビニのおにぎり。
 
 幹線道路のすぐ脇にあるにもかかわらず
 静かな森です。
 人も少ないのでほんとに静か。
 うぐいすの声が響いておりました。

 トンボや蝶を追いかけたり
 トゲトゲの木に触ってみたり
 小鳥の姿を探してみたり・・・
 カエル姫はタンポポの綿毛を飛ばすのに
 ずーっと跳ねまわってたよぉ。



ビオトープにメダカの群れがいました。
おたまじゃくしもた〜くさん。
タガメや!なんて言ってましたが、タイコウチだよぉ。
ため池にはウシガエルの巨大おたまじゃくしがいっぱい!
散策路はくる〜っと一周2kmほど。
急な坂道もあるけれど、お散歩するには楽しいデス。

森の散策後に自然館へ。
ここは大人200円、小・中学生100円。

入ってすぐにワニのいるジオラマ。
恐竜くん、大喜び♪ほんまに好きやね〜。
化石あり、森の四季を表現したジオラマあり
昆虫や植物の標本ありで
親子そろってかなり楽しんでしまいました。

帰りにスーパーに寄って、晩ご飯の食材をお買い物。
端午の節句ということで、ショウブの葉も買いました。菖蒲湯だぞ♪
         

家族で山登り 〜雪野山〜

久しぶりに山登りをすることにしました。
近くの雪野山(308.8m)。
前にも一度登ってるのですが、その頃は娘 カエル姫はまだ背負子に乗せられてました。
今日はカエル姫も一緒に歩きます。最後まで歩けるかな?

雪野山を縦走するような感じで歩こうということで
下山後に車を取りに戻るため、
雪野山の南側にある妹背の里に自転車を置いてから
雪野山の北側にある古墳歴史公園から出発〜。
石室の中に入ってみる子どもたち。

 ふと、クマ太郎をおいてきたことに気が付いた!
 しまった〜。
 ごめんね。クマ太郎〜。
 お家で一人寂しくお留守番させちゃったね。
 いじけてないかしら・・・

 八幡神社を通り過ぎ、延々と続く石段。
 子どもたちは登る気満々!タッタカと登っていくわ〜。
 最初から飛ばしすぎたらアカンでぇ。
 おもしろいところから
 顔を出してるカエル発見!
 子どもたちは
「こんなとこで何してるん?」
 せっかくのんびりしてる
 カエルをつついちゃったよぉ。

子どもたちはずいぶんと調子よく登っていきます。
やるやん!頑張ってるや〜ん!
途中、ラムネで元気を補給しながら歩きます。
振り返ると少しかすんでるものの、いい景色。
見えてる山は箕作山かな。
田んぼにもずいぶん水が入ったねー。
 今日は天気がいいだけあって
 登ってると暑いわ〜。汗、かく。

 久しぶりの山登りで子どもたちはどうかな?
 ・・・って思ってたけど
 しっかりとお父さんの後ろを付いて行ってマス。 

登り始めて1時間ほどで山頂に到着〜!
バンザ〜イ!!よく頑張りました!
山頂でお昼のつもりでしたが
予定よりかなり早い到着だったので
もう少し先まで行くことに。

         

白鳥ボートに乗りに♪

今日も朝から最高のお天気!
そうなると、子どもたちがだまっちゃおりません。
「どっか行こうよーぉ。」「どっか行かへんの〜ぉ。」とうるさいうるさい。
どこか行きたいのもわかるけど、世間様はゴールデンウィーク真っ只中。
どこもかしこも人でいっぱいやし、道は渋滞するしさー。
・・・と大人の理屈を述べるも通用せーへんよねぇ。

では、近場で楽しめそうなとこへ。
近いんやったらバイクで行っちゃおう!
昨日、立ち寄った能登川水車とカヌーランド白鳥のボートがあったと言うと
「乗りた〜い!」と子どもたち。そうくると思ったよーぉ。
そしたら夫が「ボクも前から乗ってみたかってん。」ってなわけで、バイクでGO!
途中、パン屋さんでお昼ご飯を購入。
いつものことながら、走り始めて10分もたたないうちにカエル姫、撃沈・・・

それでも無事に目的地に到着。
芝生にレジャーシートを広げ、早速、お昼ご飯のパンを食べ
大人はのんびり、子どもは元気に遊んでおります。
そこへぴんくさんから「着いたよ〜。どこいる?」の電話。
ぴんくさんに無事、お約束のテントを渡し、
お別れのご挨拶もままならぬまま
子どもと夫はボートに乗りに行ってしまった・・・
ぴんくさん、ごめんね〜。バタバタとしてしまって。


 白鳥のボートは3人乗り30分700円
 5人乗り30分1000円。足こぎデス。
 夫と子どもたち、3人で乗ることに。
 お母さんは岸から見てますわ〜。
 見てるとボートはあらぬ方向へ・・・
 おーい、ちゃんと戻ってこれるのか〜い?

あっちにヨタヨタ、
こっちにフラフラしながら戻ってきました。
降りてきた子どもたちは満足そうやけど
夫は足がパンパンやって〜。
お疲れさまでした。


その後は持ってきたシャボン玉を楽しんだり、
偶然、幼稚園のお友達と出会って一緒に遊んだりと
の〜んびりした一日でした。

帰り道のバイクの上で、
子どもたちが爆睡したのは言うまでもありません・・・
         

お庭でランチ♪

今日はとってもお天気がよく、お日さまがぽかぽか。
気持ちいいね〜♪ってことで
おばあちゃんが庭に置いてくれたテーブルで
お昼ご飯を食べることにしました。
 メニューは毎度お馴染みの
 何の変哲もないチャーハンですが
 こんな風に外で食べると
 いつもよりおいしいような気がします。
 子どもたちもパクパク!
 また気持ちのいい日にはお庭でランチしましょ♪
         

カマクラ作りにソリ滑り♪

土曜日に行ってきた雪遊びのお話を・・・

週末前に待ちに待った雪が降り、土曜日は朝からめっちゃいい天気!
先日の降雪ではうちではせいぜい雪だるまを作るくらいしかできません。
前々から子どもたちにせがまれていた雪遊び、
行くなら今しかないっ!ってことで、県北部のスキー場まで足を伸ばすことにしました。

名神、北陸道を木之本ICまで走り、そこから365号線を北上します。
昨冬行った、県内でもあまり知られていないと思われる赤子山スキー場へ行くも
雪があまり無いので断念。ベルク余呉へ予定変更。

北へ進むに従って雪が増えていく〜。わくわくしちゃうぞ。
途中の椿坂峠は路面に雪もたくさん残ってて、ちょっと怖い・・・
スキー場へと向かう山道の入口は雪だらけ。スキー場まで2kmの表示。
スタッドレスだから大丈夫だろうってことで、
数台の車がチェーンを装着してるのを横目に通り過ぎました。
なかなかの道のりでしたが、ベルク余呉に無事到着〜。

お昼には早かったのですが、まずは腹ごしらえ。
お腹もいっぱいになって、子どもたち遊ぶ気満々♪
子ども用のゲレンデに行こうかと行きかけて
ちょっと離れたとこに
ほどよい坂道と広場があるのを発見!
子どもたちがソリに乗るかどうかもわかんないし
そこなら気兼ねなくカマクラも作れそう。
入場料もいらないしラッキー!
矢印の先でカマクラ作ってます。

 息子 恐竜くん、雪の上にば〜ん!
 「気持ちいい〜!!」
 まだ雪も解けておらず、柔らかくて、軽〜い。




青い空、続く雪化粧した山並み。
最高だ〜。
クマ太郎も顔面から雪にば〜ん!
さてさてお次は・・・

         

雪中もちつき大会

お友達のお家で「餅つきするよ〜。」とお誘いを受け、家族揃って行ってきました。

家を出るちょっと前から吹雪のようになり、無事にたどりつけるか不安な中、
差し入れにおでんを鍋ごと車に積み込んで出発〜。
途中、雪の降りがマシになり、大丈夫かと思った矢先、
琵琶湖大橋を東岸から西岸に渡るとそこは雪国・・・!!道は真っ白!
「いや〜ぁ、こんなにも違うものなんやぁ。」と助手席で妙に感心する私の横で
ハンドルを握る夫は「これヤバいってー。帰れへんかも・・・」と戦々恐々。
でも、なんとか無事にお友達の家にお昼前に到着〜。

 ご挨拶などを済ませ、
 準備などをちょこちょこお手伝い。

 もち米も蒸しあがり、さぁ、餅つきです。
 殿方たち、頑張ってくださ〜い!
 雪やみぞれが降る中、ぺったんぺったん。
 雪中もちつき大会になってしまいました。

最初の分はお米の粒々を残したままにして五平餅に。
よく見かける小判型のではなく
丸い平べったいのを3個、串に通します。

子どもたちもお手伝い。
息子 恐竜くんはつまみ食いしては「おいしい〜♪」
失敗したのも食べてごまかしてました。
娘 カエル姫、マジメに作るのですが
手にひっついたりして、思うように作れません。
それでもなんとかできると満足げ。

 タレは甘辛の醤油だれではなく
 胡桃をすりつぶし、味噌などを混ぜて作った
 自家製くるみ味噌!これが美味〜♪
 炭火でこんがり焼いて食べま〜す。

もちつき大会には大人14人、乳幼児6人が勢揃い!
ここのお家は、子どもの家で遊ぶ心(家をおもちゃにして遊ぶ)がくすぐられるようで
くるくる走り回ったり、階段を昇ったり降りたりと賑やか賑やか。
餅つきそっちのけで遊んでおりました。

雪降る中、何度もお餅がつかれ、あんこ餅、豆餅、海老餅とできあがりました!
やっぱりつきたてのお餅はおいしいな〜♪
わたくし、食べるのに一生懸命になり、
せっかくのお餅の写真、撮り忘れてしまいました・・・ごめんなさい。

 カエル姫、きなこ餅にして食べてたのですが
 残ったきなこを一人で貪り食っていたところ
 こ〜んな顔に!
 これがまた、黒豆きなこがだったために
 泥棒ヒゲのようになってるよーぉ。

あ〜ぁ、いっぱい食べました。お腹いっぱい!たらふく〜♪
ごちそうさまでした!おいしかったで〜す。
お持ち帰りにお餅もたくさん頂きまして、ありがとうございました!

行くときに心配していた帰り道ですが、
思ったほど雪が降らなかったせいか積雪もほとんどなく
すんなりと家に着くことができました。あー、よかった!
         

た〜こた〜こ、あーがーれ〜!

子どもたちが凧あげをしたいということになり
夫が急遽、バイクで近所のホームセンターまで凧の買出しへ。
家の近所では凧あげができそうで、できなさそうな環境なので
車で近くの運動公園まで行くことにしました。

早速、凧あげ開始〜!!
でも、子どもたちは一人で凧をあげるのはまだ難しいよう・・・
しかも今日は朝から天気がよくて
暖かいので外で遊ぶにはとってもよいのですが
凧あげにはちょっとばかし風が弱いかな・・・。

ここは仕方ない!
お父さん、お母さんが頑張るしかないですな。
そんなわけで、子どもたちの喜ぶ顔が見たいばかりに
運動不足の体にムチ打って走ります。
し、し、しんどい・・・。
子どもたちより親の方が真剣だよ・・・。

 それでも、まぁ、うまいこと凧があがりました。
 凧があがったところで子どもたちに手渡します。
 夫と私が「落ちる〜〜〜ぅ。走れーーーっ!」
 と言うものの
 子どもたち、よくわかってないようで
 走る方向が違うんだな。
 墜落〜〜〜ぅ。
お昼ご飯はコンビニで買った
おにぎり、カップラーメン、スープなどなど。
お湯をわかす道具一式持参です。
暖かい日とはいえ、そこは冬。
寒いのであったかいのがおいしい〜♪
腹ごしらえして、またまた凧あげ。
午前中よりさらに風が無くなってしまった・・・
糸を短くして、子どもらに持たせて走り回ってもらうことにしました。
キャッキャ喜びながら走り回っておりました。
こんなことなら、最初からそうしといたらよかったかねぇ。
         

カモさん、こんにちは! 〜三島池〜

そろそろ北の国からたくさんの渡り鳥たちが飛来してくる頃となりました。
そんな渡り鳥たちに会いに、毎年、冬になると何回か出かける三島池
この冬、初おでかけしてきました。

湖岸道路を走りって行くと
琵琶湖にたくさんの水鳥の群れが浮かんでるのが見えます。
何百羽、何千羽という数の水鳥たちに子どもたちは大歓声!

 三島池は伊吹山を望む
 絶好のポイントでもあります。
 水面に伊吹山の姿が映り、
 なかなか絵になる風景です。
 キャンバスに向かってる方たちを見かけました。
 池の周囲は散策路があり、くるっと一周歩けます。

 池にはもう、たくさんのカモたちがやってきてました。
 マガモ、オナガガモ、カルガモ、オシドリなどなど。




子どもたちは早速、家から持ってきた
パンをカモさんたちにやることに。
パンをまき始めるとグワッグワッと
やってくるやってくる♪

カモさんたちはムシャムシャ、ビチャビチャとあっという間にパンを食べ尽くすと
何事もなかったかのようにスーッと岸から離れて行ってしまいました・・・
子どもたちはあまりものあっけなさにちょっと寂しそう。

池の周りの木々もすいぶんと紅葉し、落ち葉もいっぱいですっかり晩秋の風景。
くるりと池の周りを散策。
いろんな小鳥のたちの姿もありました。
子どもたちは棒を拾い、落ち葉を踏みつけ歩きます。

ビジターセンターでこの池に渡ってくる
水鳥たちについてちょこっとお勉強?

その後は隣接するグリーンパーク山東
長〜いローラー滑り台、ドラゴンスライダーでひと遊び!
全長約100mの滑り台ですよぉ。
これがなかなかおもしろいっ!
子どもたちも大はしゃぎです。
いかんせん、滑り降りる距離が長いだけに
登って行く道のりも長いのデス・・・

遊んだあとは、一足伸ばして道の駅 伊吹の里へ。
新鮮お野菜を買って、焼き芋買って(大変おいしゅうございました)お隣のミルクファーム伊吹でジェラート食べて家路に着きました。
         

家族で山登り 〜繖山(きぬがさやま)〜

昨日、天気もよかったので久しぶりに家族で山登りに行くことにしました。
子どもたちが登って下りて来れる山を探します。
家からも近い繖山(標高432.7m)に決定!!

繖山は通称 観音寺山とも言い、
西国三十三ヶ所巡りの三十二番札所観音正寺があります。
また、佐々木六角氏の居城、観音寺城跡としても知られています。
繖山は登山口がたくさんある山です。
今回は文芸の郷レストラン横の駐車場に車を止めて
近江風土記の丘にある登山口から登ることにしました。山頂まで2.3kmの表示。

 11時、いざ、出発〜!出がけに恐竜くんの帽子がないと
 ドタバタして予定より遅い出発になってしまいました・・・

 リュックに恐竜くんはお昼ご飯のおにぎり、
 カエル姫はおやつを詰めて登ります。
 久しぶりの山登りとあって2人とも張り切ってるけど
 下りるときの体力も残して登ってねー。

登山口から丸太で作った階段がずっと続きます。
子どもたちは一歩一歩いい調子で登って行くのですが
ドングリや枝を拾ったり
見慣れない葉っぱに見入ったり
虫の行き先を追ったりと大忙し。
拾ったドングリをせっせと
ポケットの中にしまってます。
冬眠前のリスみたい?

道の両側がススキで覆われおり
葉をかき分け、かき分け進みます。
背の低い子どもたちはススキの中に埋もれてしまって
見えませ〜ん。


 登山道を振り返ると
 広々とした湖東平野が眼下に広がります。
 田んぼばっかりだ〜。
 青い琵琶湖がキレイ。

子どもたちが視界を覆うススキや草に文句を言いながらも
調子よくズンズンと歩いていきます。
足元におもしろいキノコを発見!(写真を撮り忘れてしまいました・・・)
おそらくホコリダケというキノコと思われます。
ツンツンとつつくとボワ〜ンと埃(胞子)が出るんですよぉ。
煙のようにおもしろいほど埃が出るもので
皆で代わる代わるツンツンとつついて遊んでしまいました。

途中、お茶を飲んだり、飴を食べたりしたものの、
大きな休憩をすることなく(するような場所がなかった)山頂に到着〜!
よく頑張りましたっ!!エライぞ〜!
 山頂にはオジ様たちのグループが先着しており、
 盛り上がっていらっしゃいました。
 その中に到着したものですから、
 子どもたちは注目の的。
 「お譲ちゃんも下から上がってきたの?」
 「いくつ?」などなど質問攻め。
 あまりにもオジ様たちが褒めてくれるものですから
 子どもたちはちょっと鼻高々です。

         

カエル姫の公園めぐり♪

今日は息子 恐竜くん、幼稚園の遠足。
ほんとなら学級委員の私は子どもたちのお世話をするべく
遠足に付き添いで行くはずだったのですが、
先生が下の子(娘 カエル姫のこと)を連れては無理だと思いますとのこと。
春の遠足はカエル姫連れで行って、めっちゃしんどかったデス・・・
今回は先生が代わりの人を探してくださり、私はお役御免となりました。

元々はカエル姫を連れて付き添いをするつもりだったので
カエル姫にもそのことを常々言い含めておりました。
おかげでカエル姫は行く気満々!
なのに行かなくていいことになりカエル姫は不満、憤懣・・・
それでもいじらしく
「来年、幼稚園に行ったら遠足に行けるねんなっ!」と自分を納得させておりました。

なので、カエル姫と2人、普段はあまり行かない
ちょっと遠い公園まで自転車で行くことにしました。
遠回りして、パン屋さんでカエル姫の好きなパンを買い、
公園へ。
公園についたら早速、お昼ごパン♪
ちょっとお昼には早かったけどネ。

腹ごしらえが済んだら、いざ、出陣!!
ジャングルジムのような遊具やら
滑り台やら飛び回って遊んでおりました。

ところが、家の近所にはない、広〜い公園なのですが
カエル姫一人では途中で飽きちゃうみたいで
「違う公園に行ってみようよぉ!」と言うので移動。
今度は鉄棒したり、砂遊びしたり。汗だくです。

1時半頃「お母さん、そろそろ帰ろっか〜」とカエル姫。
自ら帰ろうって言い出すだなんて・・・!かなりお疲れかな?
家に着くまでに、自転車の前座席でカエル姫、爆睡です。
家に到着して、自転車から降ろしても起きず、まだ爆睡中です。
         

わたしは・・・

かれんだー

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

最近の話

かてごりー

むかしの話

コメントありがと♪

このブログ内、探しま〜す

          

links

PR

          

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM